フレッツ光から光コラボへの違約金は?


フレッツ光 代理店

光コラボは本当に違約金がかからないの?

フレッツ光から光コラボへ転用すると、実は違約金がかかります。ただし、違約金はフレッツ光の回線に対してではなく、プロバイダが変わった時に発生するものです。フレッツ光を解約する際に必要になる1万円前後の違約金はかかりません。

 

 

フレッツ光から他社回線への乗り換えについて、更新月以外で解約するとNTT東日本で戸建て9,500円かかります。新規契約時に使用した初期工事費割引やにねん割などで安く利用開始しているユーザーに対しては、いわゆる残債が残っている可能性があり、短期間であれば今後支払うべき残債を一括して支払う必要があります。

 

 

対してフレッツ光から光コラボへの転用については、フレッツ光の更新月以外にかかってしまう違約金が免除されます。なぜなら、光コラボはフレッツ光の回線を使っているからであり、NTTが違約金の免除を認めているからです。

 

 

光コラボでかかる違約金とは?

 

フレッツ光から光コラボへ転用する際に、フレッツ光としての違約金は発生しませんが、実はプロバイダの違約金は発生します。なぜなら、フレッツ光は光回線使用料としてNTTと、光回線接続業者であるプロバイダとの2社で契約しているからです。

 

 

光回線接続業者側の違約金はプロバイダによって異なります。違約金がかからないプロバイダもありますが、多くは2,000円から5,000円の違約金を設定しています。プロバイダによっては最低利用期間というものが定められており、最低利用期間より短い期間で解約すると違約金がかかる仕組みになっています。

 

 

更に、違約金とは異なりますが、光コラボへの転用の際に、契約事務手数料として3,000円がかかります。違約金と合わせて5,000円〜8,000円のコストがかかる可能性があるんです。

 

 

光コラボで違約金を払わない方法とは?

 

光コラボへの転用の際に、違約金がかからない方法があります。それは、光コラボ業者のプロバイダおよび転用時期を狙う方法です。全てがうまくいけば、契約事務手数料3,000円でフレッツ光からの転用を行う事ができます。

 

 

プロバイダ違約金は、最低利用期間より長く利用した後に光コラボに転用することで支払を避ける事ができます。ですが、転用時期を合わせる必要があり、その間月額利用料は高いままです。どうしてもすぐに転用したいなら、光コラボ側のプロバイダが、今使っているプロバイダと同じところを探せばよいのです。これを自社転用といいます。違約金は発生しませんし、メールアドレスもそのままになります。

 

 

フレッツ光に対する違約金は光コラボの場合はかかりませんので、プロバイダを意識すれば、余計なコストをかけずに、月額利用料の安い光コラボへ転用できます。

光コラボ代理店ランキング