光コラボの速度や安定性を検証


フレッツ光 代理店

光コラボは速度が遅いの?

光コラボはフレッツ光回線を転用していることから、通信速度が遅くなることは物理的にはありません。しかし、実際の口コミや問い合わせ内容を見ると、光コラボの方が速度が落ちているケースもあります。

 

 

回線自体はフレッツ光の1ギガ回線を使用しているので、回線速度は今までと同じです。ですが、契約した代理店やプロバイダによって使用される接続機器が回線速度に影響を与えていると指摘されています。

 

 

ただし、そもそも1ギガ回線だから1ギガの速度が出るわけではありません。通信損失がありますので、理論上と実際の通信速度は異なります。今までと明らかに回線速度が遅くなったのであれば、周辺機器との相性に疑いがあり、代理店によって今までと通信速度が異なる可能性があります。

 

 

光コラボの安定性は悪いの?

 

光コラボだからとって、安定性が悪くなる事はありません。ただし、代理店の周辺機器の仕様によってはネットがつながらないといった苦情が発生していることも事実です。原因としては、周辺機器の不具合か、スタッフの知識不足が挙げられます。

 

 

フレッツ光の場合は、代理店はあくまで契約会社であり、プロバイダが周辺機器を送付するなど専門的な知識を有している企業やスタッフが対応していました。光コラボの場合、今までインターネットサービスを行っていなかった事業者側の担当者が周辺機器も含めて対応するため、不具合が生じやすいと考えられます。

 

 

光コラボだからと言って、安定性が悪いのではなく、不慣れな事業者に当たってしまうと、安定性が悪くなる可能性がある…という事です。問い合わせなどのオペレーション部門も対応がイマイチという口コミもあります。信頼のおける事業者への転用によって、今まで通りのネットを安く使用することができます。

 

 

光コラボの速度や安定性は代理店で違うの?

 

NTT東日本、西日本のフレッツ光代理店とは違い、光コラボの代理店は通信業者から直接光回線をレンタルしてインターネットを提供しています。接続機器も各代理店によって異なりますので、速度や安定性は代理店によって異なってきます。

 

 

速度や安定性は、基地局までの距離や接続している接続機器などによって異なります。また、接続後のトラブルが発生した場合はNTT東日本、西日本ではなく、サービス事業者に行う事になります。トラブル復旧のスキルについても、各代理店によって異なるわけです。

 

 

100社以上の光コラボ事業者がいるなか、接続機器や基地局までの距離などのいくつかの要素が重なって速度や安定性が前後するため、一概にどの代理店がよいとはいえません。しかし、通信スキルの高い大手プロバイダや電気事業者が行っている光コラボは、比較的速度や信頼性が高いです。

光コラボ代理店ランキング