光コラボの悪質な詐欺やトラブルはあるの?


フレッツ光 代理店

光コラボの電話はトラブルの元?

光コラボの転用で最も注意しなければならないのが電話での勧誘です。なぜなら、電話は証拠が残りにくく、相手のペースにはまりやすいからです。資料も見ていないのに、どんどん話が進んで、いつの間にか契約することになってしまった…というケースが後を絶ちません。

 

 

電話での光コラボの勧誘は、とにかく安くなる…と言葉を繰り返します。確かに安くなるかもしれませんが、それには不要なオプションに加入しなければならないし、光コラボからフレッツ光には簡単に戻す事はできません。

 

 

内容をよく理解されないままに電話勧誘で契約してしまっても、光回線の契約はクーリングオフの対象外です。我慢して使い続けるか、またコストを払ってフレッツ光か他の光コラボへ戻すしかありません。まず、電話での勧誘は信用しない事です。自分でインターネットなどで十分情報を収集して、自ら申し込むことがよいです。

 

 

光コラボの悪質な訪問販売手口とは?

 

光コラボの訪問販売でも、特に悪質なケースが、最初の訪問時には光コラボの営業であることを示さないケースです。何の疑いもなく自宅に上げてしまい、言葉巧みに勧誘され、光コラボを契約してしまったという実例があります。

 

 

光コラボの悪質な訪問販売では、NTT機器点検などと偽って、室内に招き入れさせる事から始まります。販売員はルーターをチェックしてフレッツ光であることを確認。転用することで料金が安くなると、これみよがしに営業トークを始めるのです。

 

 

一度自宅内に入れたら、相手が帰ろうとするまでまず追い出す事はできません。しつこく説明されて、無理やり納得させられるパータンでトラブルに巻き込まれるケースが後を絶ちません。消費者庁もホームページなどで注意を促しています。まず、“無料点検”“ちょっとした説明”などで訪問してきた人を中に入れない事です。

 

 

光コラボの詐欺まがい営業実態とは?

 

光コラボはまだ新しい取り組みであることから、大手事業者でも使用に関するトラブルが発生しています。小規模な事業者や、そもそも営業実態が薄い事業者と勧められるがまま契約してしまうと、契約後の機器トラブルに巻き込まれてしまいます。

 

 

光コラボで聞いた事が無い事業者と契約して、いざネットを使おうと思ったら、回線が遅い。あまりにもひどいので窓口に問い合わせしようと思ったら、全然電話がつながらない。状況が改善しない。実は、この手の詐欺まがいのトラブルは多く横行しているのが光コラボの実態です。

 

 

トラブルを避けるための方法は、信用できる大手事業者へ転用することです。光コラボの事業者は100社以上存在します。特に人気のある上位10社など、選択を絞って契約することで、トラブルや詐欺を避ける事ができます。

光コラボ代理店ランキング