光コラボへの転用に工事費無料キャンペーンがあるの?


フレッツ光 代理店

他回線から光コラボへの転用は工事費が無料なの?

インターネット回線を光コラボに転用するケースでも、工事費が無料である場合と、そうでない場合があります。光コラボはフレッツ光の回線を使用しているため、フレッツ光以外の転用にはコストがかかるからです。

 

 

今使用している光回線がフレッツ光などのNTT回線ではない場合は、光コラボへの転用には工事費がかかります。工事費は転用先の回線業者によって異なるので、一律ではありませんが、2,000円から18,000円ほどかかります。また、工事する時間帯が夜間であれば28,000円位かかる回線業者もあります。

 

 

対して、既にフレッツ光を使用しているユーザーは光コラボへの転用の際、工事費はかかりません。全員が適用されるキャンペーン、というか設定として光コラボ商品が販売されているからです。転用しやすい仕組みがあるからこそ、多くのユーザーが光コラボへ移っているわけです。

 

 

フレッツ光から光コラボへの転用は工事費無料なの?

 

フレッツ光から光コラボへの転用は、工事費は基本的に無料ですが、一部のフレッツ光サービスは有料になります。フレッツ光のほとんどのコースでは無料なので、今一度自分の申し込みプランを確認する必要があります。

 

 

有料となるプランはフレッツ光プレミアムです。NTT西日本で提供されている光回線サービスですが、今やちょっと時代遅れのプランです。既に月額料金が安いフレッツ光プレミアム隼も出ていますし、フレッツ光ネクストより使い勝手悪いという口コミもあります。

 

 

フレッツ光プレミアムから光コラボへの転用では2,000円のコストがかかります。それ以外のフレッツ光プランからの転用は工事費が無料です。また、現在はかなりユーザー数も減っていますが、Bフレッツからの転用にもコストがかかりますので、注意が必要です。

 

 

光コラボへの転用は工事費以外にかかるの?

 

フレッツ光から光コラボへの転用では、工事費外にも契約事務手数料及びプロバイダ違約金がかかります。多くの方が心配している更新月以外の契約変更ペナルティーとしてのフレッツ光違約金はかかりませんので安心していください。

 

 

契約事務手数料は転用するならどの回線を使用していたとしても1,800円から3,000円がかかります。現時点で契約事務手数料0円のキャンペーンは見当たりません。また、プロバイダ違約金は、最低利用期間内の転用で、かつプロバイダも変更する場合にかかります。プロバイダによって設定が異なりますが、多くは2,000円から5,000円の違約金を設定しています。

 

 

ただし、プロバイダ違約金については、転用先も同じプロバイダを使用している場合は当然ですがかかりません。最も安く転用するならフレッツ光からの光コラボ転用で、同じプロバイダを設定している回線業者を選ぶという方法です。

光コラボ代理店ランキング