光コラボはなぜ安いのか?


フレッツ光 代理店

光コラボとフレッツ光の料金を比較

光コラボとフレッツ光の料金の差額は、光コラボの方が月額1000円〜2000円お得になるケースが多いです。なぜなら、フレッツ光に各社が行っているサービスの申し込みを合わせて契約することでコストを下げているからです。

 

 

フレッツ光の月額使用料はNTT東日本の戸建てタイプなら4,700円。これにプロバイダ料金がかかりますのでおよそ6,000円前後になります。比べて光コラボは各社によって料金設定が異なりますが、プロバイダ料金込みで,4000円から5,000前後になります。

 

 

契約時のキャンペーンではなく、契約後の月額料金が安くなる事から、2年間で20,000円近くの節約になります。もっとも、各ユーザーも今のフレッツ光より高くなれば、光コラボへの転用で大騒ぎすることもありませんからね。ネット回線使用料を今より浮かせる事は可能です。

 

 

光コラボの安さの仕組みとは?

 

光コラボが安い理由…。それはフレッツ光を普及させるために、NTTが仕組んだ新しい戦略だからです。今のフレッツ光より高ければ、今までと何も変わりませんが、安いからこそ新規加入者が増えてくる。この効果を狙っているのです。

 

 

NTTが保有する回線事業を他の事業者にレンタルする。他の事業者が行っているサービスと合わせてフレッツ光より安く契約できるようにすると、新しい新規加入者を増やすことができるという考え方なわけです。まず、NTT傘下であるdocomoとの光コラボを先行して販売する事で、割引額が月額1000円〜2000円程安くなる仕組みが生まれました。

 

 

フレッツ光から光コラボへ乗り換える為には、3,000円事務手数料とプロバイダの解約金が必要になります。ですが、もとより月額利用料が安く、他の事業者が行っているサービスにも特典や割引が付きますので、より安くサービスを利用することができます。

 

 

光コラボのどのサービスが一番安いのか?

 

光コラボのサービスは今や100種類上ありますが、その中でも、ユーザーシェアが高いとされる大手10サービスについて比較しました。結果はBBexcite光が月額利用料では最も安く、戸建てで月額4,300円でした。ただし、セット割のサービスは付与されていませんので、月額利用料だけでは安さは評価できません。

 

 

光コラボの最大の魅力は、フレッツ光の利用料金だけでなく、他の事業者が行っているサービスに対しても特典や割引が付く事で、より料金でサービスを利用することができます。例えば、ソフトバンクならスマホの利用料金が割引になる、TSUTAYA光なら映画の無料配信サービスを受けられるなどです。

 

 

今の生活スタイルや趣味から、このサービスなら両方お得…というサービスを見つけることがよいわけです。探して見つけた結果、両方お得になれば本当の意味で安さを追求できます。

光コラボ代理店ランキング