光コラボのしつこい営業電話の対策とは?


フレッツ光 代理店

光コラボの営業電話は信用していいの?

光コラボの営業電話や迷惑電話は、求めていなくてもかかってきます。営業電話の会話に合わせて話してしまうと、いつまでたっても電話を切る事はできませんし、場合によっては求めていない契約を取り交わすことになりかねません。基本、営業電話は信用できません。

 

 

光コラボの営業電話は、必ず安くなるというポイントをアピールしています。あいてもフレッツ光の利用料金を調べていますので、説明も的確です。確かに今使っているフレッツ光より安くなるケースの方が多いので、営業電話の内容は事実なのでしょう。

 

 

しかし、営業電話の事業者ほど、余計なオプションや、使用後のアフターフローなどが行き届かないケースが多いです。サービスの質では戦えない事業者ほど、営業を必死で行っています。つまり、営業電話を行っている事業者程怪しいわけです。

 

 

光コラボのうざい営業電話を何とかする方法とは?

 

光コラボのしつこい営業電話を何とかする方法は、はっきり、しっかりあることを伝える事をお勧めします。色々な光コラボ事業者から営業電話がかかってきますので、その度にまじめに断っていれば、時間の無駄ですからね。

 

 

しつこい営業電話に対してかける言葉はただ一つ。“もう光コラボに転用したので営業電話は不要です。”と答えるのです。実際に転用していなくても活用できます。なぜなら、相手がどんなリストを使って営業電話をかけていたとしても、リアルタイムの情報ではありません。こちらが言う事がすべてですので、疑う余地もありません。

 

 

一度光コラボに転用した場合、光コラボから光コラボへの転用は解約、新規契約となり違約金がかかります。安さのアピールが消えるわけですので、この時点で営業電話は終了します。他社にも同じ内容で繰り返し伝えればよいのです。

 

 

良い光コラボ事業者を選ぶには?

 

良い光コラボ事業者を選ぶには、営業電話をしていない事業者がよいです。人気や質の高い事業者は、営業しなくても、勝手にインターネットでユーザーが情報を調べて、契約しているからです。知名度が低い事業者ほど、しつこい営業電話をかけていると認識して下さい。

 

 

良い光コラボ事業者は、回線速度も安定しており、問い合わせ窓口も人員を確保している事から、比較的つながりやすいです。加えて月額利用料が安ければ言う事なし。そこで、良い光コラボ事業者とはどんな会社なのかをもう一度整理しましょう。

 

 

光コラボの光回線は基本フレッツ光より安いです。注目したいのは一緒に契約するサービス。例えば、ソフトバンクやドコモなどの携帯料金が安くなれば、お得なわけです。良い事業者とは、自分が今使っている、今使いたい他のサービスが安くなる事業者なのです。

光コラボ代理店ランキング