光コラボの乗り換え時の注意点は?


フレッツ光 代理店

光コラボへの乗り換えとは?

光コラボへの乗り換えとは、今までフレッツ光と契約していた人が、光コラボへ乗り換えることを指します。光コラボは100種類以上のキャリアから選択できますので、今使っているサービス、これから使おうとしているサービスと合わせて契約することで、両方お得に利用することができます。

 

 

フレッツ光から光コラボへの乗り換えについては、事務手数料などは必要になりますが、特段の工事を行うというわけではありません。なぜなら、光コラボとは、フレッツ光の回線をそのまま使っているからです。ただし、接続のプロバイダによっては、接続機器が変わることになります。ネット環境も、理論的には変化はありません。

 

 

光コラボの乗り換えは良い事ばかりではありません。乗り換えの際には多少のコストが必要になりますし、一度乗り換えるとフレッツ光には簡単には戻れません。ただし、月額利用料がお得になるなどのメリットも多いです。

 

 

光コラボへ乗り換えることによる解約金や違約金は?

 

光コラボへ乗り換える事で、フレッツ光側の違約金は発生しません。ただし、プロバイダ側の違約金や事務手数料など、多少のコストは我慢しなければなりません。フレッツ光から他の回線事業者へ乗り換えるケースに比べると、格段に安く、スムーズにサービスを切り替える事ができます。

 

 

本来、フレッツ光からauひかりなどの他回線への乗り換えに関しては、違約金、解約金がかかります。フレッツ光を解約月以外に乗り換えるとなると1万円前後がかかります。しかし、光コラボはNTTが始めた戦略であり、乗り換えの際には違約金などの制限はないのです。

 

ただし、プロバイダ契約は別に1,200円から6,000円の解約金がかかります。プロバイダによって異なりますが、月額使用料が安いプロバイダ程、解約金が必要になる傾向があります。その他、事務手数料として2,000円前後が必要になります。また、工事費を分割して支払っている場合には、残債の支払いなどが発生する場合があります。

 

 

光コラボに乗り換えると電話番号はどうなるの?

 

フレッツ光から光コラボに乗り換えたとしても、ひかり電話などの番号が変わる事はありません。ただし、光コラボからやっぱりフレッツ光に戻りたいという場合には、新しい新規の契約になるため、ひかり電話の電話番号は新しく取り直しになります。

 

 

今使っている固定電話なら変更は一切ありませんが、光電話をメインに使用している人には、光コラボからフレッツ光への再転用には注意が必要です。光電話から一度固定電話へ移行し、さらにフレッツ光の光電話に戻すという方法もありますが、移行の度に手数料や工事費がかかってしまうため、あまり現実的ではありません。

 

 

フレッツ光から光コラボの一度の転用だけなら、光電話の電話番号が変わるという事はありませんので、安心してコストだけを追求する事ができます。

光コラボ代理店ランキング