光コラボレーションの仕組みとフレッツ光との違いとは?


フレッツ光 代理店

光コラボレーションって?

光コラボレーションとはフレッツ光の回線を利用して、様々な事業者が自社のサービスと組み合わせて契約するお得なインターネット回線プランのことです。今使用しているフレッツ光よりお得になるプランはほとんどであり、多くのユーザーが集中して回線を転用した、乗り換えたことで話題となりました。

 

 

例えば、今までインターネット回線の事業者ではなかったドコモやソフトバンクが携帯電話とのセット割の人気が高いですね。また、あの書店やビデオレンタル事業を展開しているTSUTAYA光では、無料レンタルの特典をつけて回線契約するなどの、今までのフレッツ光にはない特典も数多く見受けられます。

 

 

今や光コラボレーションを展開している事業者は100社を超えており、自分の生活スタイルやニーズに合わせて、お得な割引を自分で選ぶことができる販売モデルなのです。

 

 

光コラボレーションの仕組みとは?

 

光コラボレーションの仕組みは、NTT東日本、西日本のフレッツ光回線を使用し、事業者が行っているサービスと合わせて契約する事で、お得にインターネットができるネット契約です。100社以上のモデルから、自分が興味のあるサービスとコラボされたネット契約を行う事で、月額1000円〜2000円ほどお得にネット回線を使用することができます。

 

 

今まではNTT東日本、西日本といった回線業者とプロバイダとそれぞれに契約し、料金を支払っていました。光コラボレーションでは、様々な事業者がNTT東日本、西日本からフレッツ光回線をレンタルし、事業者と利用者で直接契約、支払う事ができるようになったのです。

 

 

各事業者はNTT東日本、西日本の回線を使用するので、転用のための回線工事費用や解約違約金が発生する事はありません。そのため、今のフレッツ光の契約からスムーズに光コラボレーションへと転用することができるのです。

 

 

フレッツ光とは何が違うの?

 

光コラボレーションとフレッツ光との違いは、回線業者がNTT東日本、西日本なのか、それとも別の通信事業者なのかに分けられます。事業者の違いによって、料金、支払方法、回線速度などの様々な違いが生じます。

 

 

今までは、フレッツ光を運営していた通信事業者が、フレッツ光の代理店及びプロバイダを通してインターネットサービスを提供していました。光コラボレーションは、NTT東日本、西日本ではない違うサービスを提供していた業者が、自分のサービスと合わせてネットサービスを行います。

 

 

光コラボレーションの方が回線速度が遅いなどの口コミも見られますが、メリットも多いです。月額料金は比較的光コラボレーションの方が安く、支払いもドコモ光ならドコモへ、TSUTAYA光ならTSUTAYAに直接支払います。複雑な支払いもなく、お得にネットができます。

光コラボ代理店ランキング