光コラボをお得に転用するには?


フレッツ光 代理店

光コラボへの転用って何?

光コラボの転用とは、フレッツ光や他の光回線から、光コラボ事業者への乗り換えの事を指します。特にフレッツ光から光コラボの転用は、工事費やフレッツ光側の違約金がかからないので、お得に乗り換える…転用することができるわけです。転用後はフレッツ光と比較して、光回線の月額使用料を安く抑える事ができます。

 

 

光コラボ事業者とは、フレッツ光の光回線をNTTからレンタルし、プロバイダ料金込みで自社のサービスとのセット販売を行っている事業者の事です。例えば、ソフトバンク光ならスマホ料金の割引と、光回線の月額利用料のダブルでお得…というわけです。

 

 

転用する光コラボ事業者によって、転用時の条件が異なる場合があります。よりお得な条件で転用することで、キャッシュバックなどのキャンペーンを活用することができます。

 

 

光コラボ転用でキャッシュバックが多い代理店は?

 

光コラボはフレッツ光より契約時のキャンペーン規模が小さいですが、その中でも自社の工夫でキャッシュバックキャンペーンをちゃんと設定している代理店もあります。特典の多い代理店を選べば、光コラボへの転用をお得に行う事ができます。

 

 

光コラボへの転用では、ほとんどの代理店ではキャッシュバックキャンペーンを行っていません。もともと月額利用料がフレッツ光よりお得なわけですから、キャンペーンに回すことができる販売奨励金も少ないからです。それでも、自社努力でキャッシュバックキャンペーンを行っている代理店がいくつかあります。

 

 

プロバイダ変更を伴い他社転用で10,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているのが@T COM ヒカリ、So-net 光、ビックローブ光。ソフトバンク光やU-NEXT光も少額ながら転用時のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

 

 

転用する際の工事費や違約金は?

 

フレッツ光から光コラボへの転用については、違約金などの費用が発生します。ですが、条件を選択することで、できるだけ抑える方法もあります。工事費、違約金のそれぞれを整理することで、安く光コラボへ転用することができます。

 

 

光コラボへ転用する際の工事にでは、基本フレッツ光ネクストからの転用は無料です。何故なら、光コラボ自体がフレッツ光の回線を使用しているからです。ただし、Bフレッツやフレッツ光プレミアムといった一部のプランでは工事費が発生します。

 

 

違約金については、フレッツ光の違約金はかかりませんが、プロバイダの最低利用期間内における解約では違約金が2,000円から5,000円程度発生します。ただし、転用先の代理店が扱っているプロバイダが同じであれば違約金も発生しません。既存のプラン確認やプロバイダを選択することで費用を抑える事ができるのです。

光コラボ代理店ランキング